top of page
肺ドック

肺ドック

肺ドック

肺ドックのご案内

■主な検査項目

・ヘリカルCT
・胸部X線
・かく細胞診
・肺機能検査
・腫瘍マーカー
・呼吸器内科の専門医による診察

■費用

22,000円

思いあたる方は、肺ドックを受診しましよう

・喫煙指数400以上(喫煙指数:1日の喫煙本数 × 年数)
・同居者にヘビースモーカーがいる。
・血縁者にがんになった人がいる。
・風邪をひくと咳・が長引きやすい。

■早期に発見される『肺がん』

肺がんには、血やせきなどの自覚症状のでやすいものと、でにくいものがあります。『平上皮がん』は気管や太い気管支に発生することが多いので、早期から自覚症状があらわれます。 一方、『腺がん』は肺自体に発生することが多いので、かなり進行するまで自覚症状がないので、検診や人間ドックで初めて見つかることが多いのです。 通常X 線写真は、元々立体である人間の体を平面に投影した『影絵』の写真なので、がんが肋骨や血管の陰に隠れて死角になることがあり、熟練した医師でも70 %くらいしか肺がんを発見できないと言われています。この問題を解決するのが、当院の肺ドックで行っているマルチディテクターCTです。これにより、人間の体を螺旋型に輪切りした映像をつくり、X線写真で死角になる場所の小さな肺がんの発見が可能になります。

■肺ドックで診断可能な肺がん以外の疾患

肺ドックは、長期喫煙者に併発しやすい肺気腫や、虚血性心疾患などの一部の心臓血管疾患の早期発見にも有効です。
肺気腫は治療が遅れたり病状が進行した場合には、酸素吸入が必要となる状態や寝たきりになったり、手術が必要にな
る場合もある病気ですが、肺気腫も、症状が出る前の軽度な状態から診断が可能です。

bottom of page